環境保護

沖縄O.C.E.A.N. (沖縄 海洋文化と自然環境アクションネットワーク)は、既に10年以上、ビーチクリーンなどのフィールドでの活動、キャンペーンの実施など、様々な環境保全活動に取り組んでいる団体です。

代表のエド・サンチェス沖縄O.C.E.A.N.は、「地球憲章」を2006年に採択しています。代表を務めるエド・サンチェスは、「地球憲章」のようなグローバル憲章と「私の海洋憲章」のような特定の憲章のリンケージを強調していて、「地球憲章」の具体化を目指しています。

こども環境サミット2006年5月26日-28日 の3日間にわたって、地球憲章太平洋・こども環境サミット/ 第2回沖縄こども環境大臣サミットが開催されました。地球憲章日本委員会は沖縄O.C.E.A.N.と組んで、これに参加しました。

スイスに本部を置く国際的な自然保護保護団体のIUCNは、2004年11月、バンコクで開かれた世界自然保護会議(World Conservation Congress)第三回総会で、「地球憲章」を採択しています。その理由は、「地球憲章は、公正で持続可能、そして平和な世界、という市民社会のビジョンを表現した、インスパイアリングな文章である」ということです。

IUCNはこれを受けて、IUCNの政策を決める重要な倫理的ガイドとして「地球憲章」を用いる事、また2005年から2008年の活動の柱に「地球憲章」を用いる事を約束しています。